染め物 | 染色 | 香川県高松市 | 大川原染色本舗 | 獅子舞ゆたん

油単とは、獅子舞の時人がかぶり舞う布のことで、本来は和紙に油を引いたものを使っていたことが名前の由来になっています。四国地方では、武者絵の柄が多く素材も絹を使い豪華で勇ましい模様が受けている。木綿の油単も地方によっては多くその場合毛模様が多い。制作には非常に多くの行程と手間がかかるので、絹の場合3ヶ月ぐらいを要する。